2012年12月16日日曜日

「江田」は高貴な姓・地名。歴史の真価



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録36:15頁

 《「江田」は高貴な姓・地名。歴史の真価
 「「江田」は高貴な姓・地名。歴史の真価

 「エデン」は、チグリスとユーフラテス両大河の恵みを受けて、

 その下流域に生まれた、アラブには希にみる木々の繁る楽園だった。

 そこが豊かな都を支え、

 世界最初の大国ウバイドになったことは、少し考えればわかる。

 エデンとはウバイドそのものだったのである。

 そこから出た人々は、大移動先でもまた、よく似た楽園を求めて、

 そこに首都を置き、そこをエデンと呼んだ。

 それは我が国では後に江田(エデン)と当て字されたが、

 首都が移動した跡はエダと発音が変えられた。

 だから江田という地名で今なお残っているのだ。

 エダと発音が変わっても、

 関西の語尾のナアをノオと言い、ヤをヨという関東で、

 語尾のaがoに変わった江戸(エド)の名が、

 列島東半の首都名として幕末まで残ったことで、

 それがエデン⇒エダ⇒エドと変化した我が国最古の都名だったことがよく判る。
       
 だから江田(エデン)を名乗りにもつ江田氏は、

 太古の支配者の末裔だと斬言できる。

 なぜなら、ウバイドのエデンは万世一系の天皇家の出発点である。

 そこから分かれたことを枝分かれしたというのは

 「江田分かれ」と同音・同意である。

 だから「枝」という名詞は江田(えだ)から生まれたことが解る。

 またこの「枝」という名詞は、木の「部分」を示すからスサノオに結びつく。

 エデンの名は、フェニキヤ人が杉や檜と共にもってきた証拠なのである。

 《エデンの園
 「エデンの園

 《江田(エデン)
 「江田(エデン)

 《エデン⇒エダ⇒エド
 「エデン⇒エダ⇒エド

 《江田氏
 「江田氏

 《江田分かれ
 「江田分かれ


 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿