2012年12月2日日曜日

ユダヤ人19万人は本当に日本へ来たか?



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:30頁

 《ユダヤ人19万人は本当に日本へ来たか?
 「ユダヤ人19万人は本当に日本へ来たか?

 ここまで書いたとき本学教授の梅沢稔先生から、

 テレビ新番組「歴史ミステリースペシャル」の

 「ユダヤ人19万人が日本へ来たのか」が

 ご興味を惹いたと内容をお教え戴いた。
 
  紀元前6世紀の滅亡時、10部族が行方不明。

  仁徳期に秦河勝が7千戸を連れて来たが、景教徒と記されている。

  彼の木之幡神社にはユダヤ教で手足を洗う池が現存し、

  赤穂の大避神社はダビデを意味し、

  その古井戸はユダヤ教通りの12角の石組であり、

  秘宝の面は鼻の大きい天狗のような面。

  出演した雅楽の東儀氏は

  「私たちは秦氏の子孫であることを誇りに思っている」と言い、

  駐日イスラエル大使も

  「日本語と慣習、文化に共通性が多いのに驚き、

   来春、日本人のDNA鑑定をする」という。

  他に津軽の西北沖や西表島の西南沖に沈む1万年前の石造物遺構にも魅せられた。

  余りに興味があったので知らせたというお手紙であった。

 この問題は、私も時々触れてきたが、

 最近も沢口靖子の姓と容貌の関係や滋賀県の油日村とアブラヒムとの関係などを

 お話しした記憶がある。

 秦氏の問題は以前、保育社のカラーブックスで、

 『日本人のルーツ』を出した当時、

 全国のロータリーなどで講演した際に話した内容の一つである。

 それが30年後の今、

 テレビ番組になったというのは感無量である。

 大学院講義録36は

 このユダヤ人帰化問題を主題にお話ししたいと思う。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿