2012年6月27日水曜日

稲作文化が教える祖先たちの混血文明



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録30:3頁

 《稲作文化が教える祖先たちの混血文明
 「稲作文化が教える祖先たちの混血文明

 殷や稲敷の語源が

 稲の語源の食物の女神・イナンナだったことが確認できると、

 いま<イナ>とか<イナミ>とか読んでいる地名も、

 このイナンナを守り神とした農耕者たちが、

 古代の我が国にいたことが、

 疑いない事実だったと理解できる。

 また印南国と書けばイナンナそのものであることもわかる。

 稲文化は非常に古く、

 稲敷→殷以前に我が国に到達していて、

 それがイナ、イネという日本語を生み、

 現代まで使われ続けているという歴史もわかる。

 それは、時代と、殷の地理的状況と、

 出土モミの検討から陸稲だったことは常識である。

 水稲はそれから後に入って来た。

 それを主食とする私たちの祖先は、

 どちらも<この列島の、

 生え抜きの土着人ではなかったことは疑いない。

 後から入って来た<水稲のコース>も、その名から判っている。

 それはコメという稲の別名がダブッて実在し続けているからである。

 コメは沖縄語ではクミで、その通りの名をもつ島がある。

 クミジマ=久米島だ。

 この久米は本土語ではクメと発音する。

 すると我が国の南西にそれを国名にしている国がある。

 クメールである。

 私たちからみればその国名はまさに米国(クメール)そのものである。

 沖縄のクミは鹿児島でコメと発音が変わる。

 それが全国に拡がって標準語になったのは、

 その移動拡大の事実とコースの動かぬ証拠なのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿