2012年6月25日月曜日

大国主=孝霊天皇。阿遅鉏高日子根は卑弥呼の弟



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:26頁

 《大国主=孝霊天皇。阿遅鉏高日子根は卑弥呼の弟
 「大国主=孝霊天皇。阿遅鉏高日子根は卑弥呼の弟

 しかし、

 「まさか垂仁天皇が<アレクサンドロス>だなどと、想像説も甚だしい…」

 とお考えの方もあると思う。

 だがこれは私の勝手な想像説なんかではない。

 『記・紀』が両方とも、系譜に、
 
 次のように、

 はっきり記録しているのであって、

 それを見落とす方が悪いのである。

 *故 此 大国主神、 娶 坐 胸形奥津宮 神多紀理毘売命、 生子 阿遅鉏高日子根神。

  次 妹 高比売命、亦名 下照比売命。

  …中略… 大国主神 亦 娶 神屋楯比売命 生子 事代主神。…以下略…*

 このうちの<下照比売命>が<天の稚彦の妻>で、

 これが<卑弥呼>と<仲哀天皇>とであることは、

 もう熟知していらっしゃるから、

 その父・大国主が大倭根子日子賦斗迩命(大日本根子彦太瓊)=孝霊天皇であることも簡単に判る。

 その系譜も写してみよう。(『古事記』)

 *大使根子日子賦斗迩命…中略…娶 十市県主 之祖 大目之女 細比売命、生御子 

  大倭根子日子国玖琉命。

  …中略…又娶 意富夜麻登玖迩阿禮比売命、 生御子 夜麻登登母母曽艮 売命、

  …中略…又娶 其 阿禮比売命之弟 蝿伊呂杼 生御子 日子窹間命、

  次 若日子建吉備津日子命。

  …以下略…*  

 一見して最後の<若日子建吉備津日子命>が「天の若日子」と同じ名乗りだと判ると思う。

 これは系図にすると、はるかに見易くなる。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿