2012年6月13日水曜日

スサノオ伝承と21世紀の伝統保護者の責務



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:22頁

 《スサノオ伝承と21世紀の伝統保護者の責務
 「スサノオ伝承と21世紀の伝統保護者の責務

 しかし垂仁天皇は高句麗<山上王>として、

 魏の侵略を身をもって体験した衝撃から、

 卑弥呼仏教が反対する軍備と男王制とを主張して、

 遂に姉・<卑弥呼>と正面衝突してしまった。

 これが『魏書倭人章』が書く「不和」なのである。

 そしてやむなく武力で

 卑弥呼平和主義政権を倒して<邪馬壹国>政権を樹立した。

 しかし愚民懐柔政策として、

 外観だけは<壹與>を立てて女王制を装った。

 この間(かん)の史実を赤裸々に書くことをためらったから、

 古代からの神託を活用して<卑弥呼政権>を<八俣大蛇>と表現し、

 <位宮>は<スサノオの尊>という別名で、

 首都が<邪馬壹国>の新倭国建国史を書き残した。

 そこには戦争か平和か?という、

 <アレクサンドロス>の両親以来の、

 血の滲む理想論争の史実が籠められていたのである。

 怪力をもったヒーローが

 1つの身体に8つの頭をもった怪物を物の見事に退治した!

 という幼児向きの童話や、

 未開インディアンの神話なんかではない。

 『神話だ』『伝統』だといっていい気になって愚行を改めずにいるのは、

 先祖や天皇家に対して恥辱を与え続けることである。

 良い伝統や伝承は、確かに保存する必要があるが、

 それにはこうした正しい説明が必要である。

 それが欠けていては、

 我が国と国民が

 理由(ゆえ)なき軽蔑をうけさる犯罪行為なのだということを、

 真剣に熟慮し、

 よく認識して直ちに改善するのが、

 21世紀の伝統保護者の実行すべき責務であり急務なのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿