2012年6月11日月曜日

古事記』は『書紀』の難字を読み易くしたもの



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:20頁

 《『古事記』は『書紀』の難字を読み易くしたもの
 「『古事記』は『書紀』の難字を読み易くしたもの

 これはその歌謡に使われた文字を比較しても簡単に証明できる。

 神武天皇の歌謡中、

 最も有名な「撃ちてしやまむ」の歌は。

 一部分、違っているが大半は同じだから見比べてみよう。

 読み   「オサカノ オホムロヤニ ヒトサハニ イリオリトモ ヒトサハニ 

       キイリ オリトモ ミツミツシ クメノコラガ クプツツイ

       イシツツイモチ ウチテシヤマム」

『日本書紀』「於佐箇迺 於朋務露夜珥 比苔瑳破而 異離烏利苔毛 比苔瑳破而 

       枳伊離 烏利苔毛 瀰都瀰都志 倶梅能固邏餓 勾鶩都々伊

       異志都々伊毛智 于智弖之夜莽葬務」

『古事記』 「意佐加能 意富牟盧夜尓 比登佐波尓 伊理衰伊登母

                美都美都志 久米能古 賀 久夫都々伊 

       伊斯都々伊母知 宇知弖斯夜麻牟」

 『古事記』の用字は、

 『日本書紀』の原文を、

 難しい文字だけ、

 馴染みのある文字に書き変えてあることが一目見て判る。

 これは『日本書紀』の

 「活目入彦五十狭茅」という当て字では、

 カツモク・ニュウゲン・ゴジュウ・セマカヤと

 読みかねない文字を

 「伊久米伊理毘古伊佐知」と

 一字一音ずつの振りガナ化して

 読み方を教えている事実と併せて考えてみると、

 『古事記』とは、

 『日本書紀』を読んで、

 難しい当て字を読み易く訂正したものだと判る。

 だがそれが不正確で、

 正しい名乗りではないから、

 史実を伝える原典ではないと判るのだ。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿