2012年6月2日土曜日

北欧神話は日本からの輸出品



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:11頁

 『北欧神話は日本からの輸出品
 「北欧神話は日本からの輸出品

 もう一度、簡単に繰り返すと、

 ジークフリートは、

 邪馬国の<邪>、狗奴国の<狗>、夫余国の<夫余>に人をつけた

 屋久島から高句麗までの王だった垂仁天皇の名乗りに合う

 「邪狗夫余人」を、<ジャクフリヒト>と発音したものによく合い、

 その妻・クリムヒルトも高麗国日霎人・<クリマヒルト>と書くと、

 高句麗の姫または女王という意味になって、その結婚は不思議ではない。

 この伝説は日本のものが、ドイツや北欧へ伝えられたもので、

 その時期はハンガリーやハンブルクが生まれた

 「フン人=八幡人=ハン」の欧州侵入によって移植された、

 我が国からモンゴル、そして欧州へと運ばれた伝説であって、

 オリエントから直接移ったものではない。

 それは

 <ヒトラー>は<日虎>・

 <ミユラー>は<三浦>・

 <ザイツ>は<財津>と

 いった複数の元日本姓が、

 ドイツに現実に存在することもまた、

 この移転、移住が事実であることを証言している。

 遠隔地のドイツにそれが実在する以上、

 はるかに近いインドネシヤに

 阿遅鉏高日子根の名があっても少しも奇妙ではない。

 そこには今も<アレクサンドロス>を名乗る族長も現存しているのである。

 『記・紀』の阿遅鉏高日子根は天の稚彦(若日子)の死後、登場する。

 <稚彦>は卑弥呼の夫・ソナカ王子・仲哀天皇で、

 卑弥呼政権が倒れたあとに出現した天皇は垂仁天皇である。

 彼は八俣大蛇の特徴をもつ

 卑弥呼政権を倒した<スサノオ>、

 その人なのだ。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿