2012年6月26日火曜日

オリエントに遺る我が国の建国文化財(ヒッタイトの象形文字



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:31頁

 《オリエントに遺る我が国の建国文化財(ヒッタイトの象形文字
 「オリエントに遺る我が国の建国文化財(ヒッタイトの象形文字

 これは大学院講義録29:5~8頁の

 ヒッタイト文字の拓本だが、

 そこへ入れると主題から脱線する恐れがあったのでここへもってきた。

 よく見ると同じ形が見つかる。

 それらを縦にセットしたり、

 別の字に置き換えたり、

 子音と母音の関係のように前後に組み合わされた文字もある。

 またフロズニー氏の見つけた単語・<魚>と<父>がどれかも、

 次第に見当がついてくる。

 ヒッタイトの象形文字"

 大摩邇(おおまに)

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿