2012年6月5日火曜日

天皇家が種子島出身であることは動かない



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:14頁

 『天皇家が種子島出身であることは動かない
 「天皇家が種子島出身であることは動かない

 その父・但馬太耳(タジ)と、

 孝霊天皇の「太瓊(タニ)」が同じものであることも

 「二・児」の発音に<ジ>とがあることを知っていれば簡単に理解できる。

 それは<種子島>を<タジガシマ>と読む人と、

 沖縄発音で「タニガジマ」と呼んだ人の差である。

 天皇の名乗りの最後は都の地名であることは

 倭の五王の名乗りで

 讃は讃岐、

 珍は<チヌ>=淡路島の津名、

 興は河内、

 武は高市と揃っていて明らかだから、

 これで孝霊天皇は種子島に都していたのだと、確認できたのである。

 後に天武天皇が種子島人を特別待遇し、

 世人も

 「橘(種子国人(タチバナ))は、己(おの)が枝々実(な)れれども、

  (自分の利益を追及して、どんなにひどく闘争していても、

  最後には結局)一つ緒に貫(ぬ)く。

  (種子島人だけで固める)」

 という戯(ざ)れ歌

 (批判歌謡=河内音頭のような、当時の流行歌)が流行ったと

 『日本書紀』が書くほどに、

 大和政権の中枢は種子島出身者が独占していた。

 それはこの孝霊天皇→卑弥呼以後も、

 垂仁天皇=卑弥呼の弟・稚武彦、壹與(赫夜姫・神功皇后2)、

 応神天皇→仁徳(讃)系天皇たち、

 継体天皇(応神天皇5世孫)から斉明天皇までの倭国天皇が、

 紆余曲折はあるが、

 <種子島系の豊玉姫の子孫>であることは、

 世人が明瞭に認めていた事実だとわかる。

 そして天智天皇も天武天皇もまた、

 その資格には欠けていなかったことが確認できる。

 天皇家が種子島出身であることは動かない事実なのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿