2012年6月25日月曜日

『愛の八紘一宇』の象徴、ツルカルニンの名乗り



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:24頁

 《『愛の八紘一宇』の象徴、ツルカルニンの名乗り
 「『愛の八紘一宇』の象徴、ツルカルニンの名乗り

 こうして天の稚彦物語の真相から総てが解けて違和感が残らない。

 この事実は伝説伝承もまた重要な

 『言語文化財』だという証明なのである。

 それらを『神話』と呼び、

 物語だけが伝わって広く分布したのだと唱え続けてきた

 『神話学』という学問は、

 この事実を破壊して迷路に引き摺り込む罪を犯すことしかできなかった。

 それが行なった「分布調査」は確かに役にたったが、

 それで軽々しく下した定義は、

 私たちと祖先には敵の働きしかしなかった。

 それは太古からの人の移動の実態が、

 どんなに大規模で凄いものであり、

 また人類は超古代から高い文化をもっていたという事実を

 知らなかった無知に根差している。

 何故?神話学が、

 これまで『記・紀』の「神話?」をロクに解明できず、

 かえって欧米の学者の日本人蔑視を助長し、

 私たちに不快感を与えてきたのか、

 その理由と実態がよくお判り戴けたと思う。

 それだけでなく、

 天の稚彦物語には、

 思想史的に、もっと深いものがあるのである。

 <稚彦>は<都怒我阿羅斯等>=<ツルカルニン>を名乗ったが、

 この名はシュメル語から出たものでギリシャ語ではない。

 それをアレクサンドロス大王が、

 わざわざ名乗った理由は、

 彼がペルシャ皇帝を破って母の夢見た

 『愛の八紘一宇』の第1歩をしるした記念として、

 あえて敗戦国の神名を新しい国民のために名乗ったのである。

 彼の純粋な心情を見落としてはならない。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿