2013年2月22日金曜日

「倭」の字が語る国体と殷との関係



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録38:26頁

 《「倭」の字が語る国体と殷との関係
 「「倭」の字が語る国体と殷との関係


 では、殷が首都になったのか?。

 それとも首都は日本列島にあって、

 殷は植民地にすぎなかったのかを考えてみよう。

 それに答えてくれるのは殷(イン)と倭人(ウワイト)という二つの国名である。

 この二つの国名はどちらも中国の文字で表現したものである。

 この文字は普通「漢字」と呼ぶが、原形は殷の時代に考案された。

 それがスメルの楔形文字エジプトの象形文字とに

 多くの一致点をもっているので、

 殷文明のルーツはどこか、早くから判っていた。

 ウバイドに対する当て字だと解っている

 「倭人」を分析してみると、

 倭の、旁(つくり)の委は、

 上の「禾」は、稲や稗や黍や麦などの、

 穂が出て穀物を実らせる禾本科植物を意味し、

 下の「女」は、それを栽培し、それで食事を作って、管理している、

 のが「女」だという特徴を示している。

 そしてこの場合は人扁(にんべん)は人種を意味しているから、

 女性支配の農業国の名になる。

 それは最初からウバイドの国を意味していたのである。

 それなのに何故?それは殷でなく、

 わが国の名になったのであろう?。

 いや<委>も<倭>も初めは、旁(つくり)の音で「イ」だったのである。

 「イン=倭の」だったのだが、

 「豊か」といういい意味のイン=殷の字に変えたのだ。

 そして「倭」の字の発音は「イ」でなく「ウワイ」に変わった。

 これは我が国の国名がウワイトと呼ばれていたから、

 当て字の発音もそれに従って変わったのだ。


 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿