2013年2月18日月曜日

霊域線と日・殷の全ての謎が解ける



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録38:22頁

 《霊域線と日・殷の全ての謎が解ける
 「霊域線と日・殷の全ての謎が解ける

 いや、それだけではない。

 この「日の出」は、鹿児島語で読むと、

 さらに深い意味が読み取れて、

 この霊域線が何のためのものか…、

 何時の時代に…我が国へでやって来たか…から、

 古代の小国・日本は鹿児島県にあったことが史実であることまで、

 徹底的に立証する。

 鹿児島語では「出る」は「ヅッ」、

 「来る」は「ク」と発音するから、

 スメル語を用いて「日」を「マル」と読むと、

 「日が出て来る」は、

 「日(マル)出(ヅ=ドゥ)来(ク)マルドゥク」になる。

 これはバベルの主神「マルドゥク」が、

 「マル=円=太陽」であり、「ヅク=出来」

 すなわち「出てくる円形神」という神名をもっていることで、

 どこから見ても疑いなく、

 日殷の信仰は明らかにバベルと同じ太陽神崇拝である。

 我が国には古来、

 薩摩に「日の丸」の船(ふな)じるしがあり、

 赤丸で「日」の国を表現して来たが、

 それが幕末の英主・嶋津斉彬(なりあきら)によって

 我が国の国旗に選ばれて、

 明治に正式に国旗になり、

 今では人類の全てが日本の名と日の丸を知っている。

 鹿児島が古代の小国日本で、

 その名はニップルから出たことは既に確認した。

 そこに日の丸の旗があり、それを「日のマル」と呼んでいた。

 それはバベルの主神の名の謎を解き、

 日本語とスメル語との関係と、

 福田のフツデンがなぜ薩摩語なのかを説明しているのである。


 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿