2013年2月15日金曜日

スメル人の本州居住は殷商建国以前



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録38:19頁

 《スメル人の本州居住は殷商建国以前
 「スメル人の本州居住は殷商建国以前

 私(加治木義博)が少年時代から蓄積した貝類学の知識を活用して、

 青銅貯貝器などに遺されている貝貨を精査した結果、

 貝貨が最も威力を発揮したのは、

 古代中国の殷商帝国時代からであって、

 それが物々交換経済を通貨経済に飛躍させ、

 中国に新時代を開いたことが史実であったことと、

 その時、使用された宝貝が総て沖縄海域産だったことが、

 徹底的に確認できた。

 その後、それが貨幣として広く世界で用いられたが、

 のちに金属貨幣に姿を変えたのは、

 海産の生物では量に限りがあり、

 人類の需要を賄いきれなくなったからであることは、

 古代には辺境に過ぎなかったイギリスでさえ、

 宝貝を「コーリー」と呼んでいる事実からも、

 のちに宝飾品として用いた歴史が全世界に分布していることでも、

 またさらにカリエン人が今も世界の辺境で、

 金属加工業者として金銀銅製品の手工業を生計にしている事実と、

 その携帯用の「手炙(あぶ)り型土器」が、

 わが国で多数発掘されている土器と同型であることなどによって、

 生々しい現実感をもって納得させてくれるのである。

 これで殷以後の中国青銅器文明が、

 結局はカリエン(カルデア人=スメル人)の貨幣経済の副産物であり、

 それは茨城県の稲敷を経由して中国に渡り、

 そのコースに2200kmのレイ・ラインを設定して、

 カルデア天文学の遺物として現在まで残した。

 ということになる。


 《スメル(シュメール)文明
 「スメル(シュメール)文明

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿