2013年4月13日土曜日

令亀・灼骨ともにスメル(シュメル)文化の分布



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録40:20頁

 《令亀・灼骨ともにスメル(シュメル)文化の分布
 「令亀・灼骨ともにスメル(シュメル)文化の分布


 この「令亀の法」とは、中国では殷商帝国で行われ始めた習慣で、

 亀の甲羅に複数の答を彫って、 火で焼くと乾操してヒビ割れが走る。

 それが指した答が神の教えだとする法である。

 複雑な疑問を単純化するこのシステムが、

 殷と倭人の双方にあるのは、

 肩甲骨を使う人々は獣が主食の草原の畜産者が

 日常的に獣を焼くことから自然に発生した占いで、

 スメル人ではあるが傍系。

 だが亀の甲の方は水利に長けた本系ウバイドの慣習が貴ばれたものである。

 だから令亀の法は倭人の方が古く、

 霞ケ浦で栄えた稲敷人が農業とともに、

 こちらから殷に持って行ったことが判る。

 これらは倭人は三千年以上前には、

 少なくとも関東の稲敷にまで住んでいた証拠だから、

 奈良に女王の統治する国があっても不思議ではない。

 しかし九州から関東までなら、

 漢との通交国数が百カ国しかないのは余りにも少な過ぎる。

 この国のサイズは、帯方郡から伊都までの国々が、

 一大や末盧などの千戸単位の村落国家まで一国と数えているのをみれば判る通り、

 それは後世の播磨や大和などの、六十余州サイズの国ではない。

 また逆に見れば六十余州のうちの関東までなら今度は百カ国は多すぎるから、

 それが市町村サイズの国々 だったことは動かない。

 この百から三十に減った国の数もまた、

 卑弥呼と壹與の二代の女王国が、

 ともに九州内、

 とくに南九州にあった証拠である。


 《スメル(シュメール)文明

 「スメル(シュメール)文明
 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 スメル8千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿