2009年7月11日土曜日

大和説を潰す「郡使の伊都常駐」の記事

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学講院義録39:12頁

 「帯方郡使たちが郡と倭人女王国とを往復する際は、いっもこの伊都に駐在する」

 という記事が、

 伊都国の説明にわざわざ書き加えられていることも、見過ごしてはならない。

 郡使は女王国に用があって来るのであって、

 他の国に用はないから、

 女王国の所在地が伊都国の彼方、南にあることを示している。

 張政は動乱の危険を避けて伊都に居て、

 女王国の情勢を聞き状況を見守って指令を出した。

 卑弥呼は死に、巨大な墓が築かれ、

 政権は壹與に移って邪馬壹国と名が変わった。

 だから邪馬壹国は伊都の南、九州本土にあるのであって、

 本州のはるか東の山の中にある奈良なんかにあるわけがない。

 かりに奈良にあったとすれば、

 伊都に常駐する張政のところへ情報が届くのにも、

 それに対する張政の指令が届くのにも、

 それぞれ数か月もかかり、

 塞曹掾史(シヤカ族担当官)としての役目など、

 全然果たせないし、

 『倭人章』の記事になった報告書は全部ウソだということになる。

 しかし実際にはウソどころか、

 実に臨機応変の見事な対応ぶりを示しており、

 伊都国と女王国の距離が奈良ほど遠くなかったことを明確に記録している。

 この張政常駐記事もまた、

 はっきりと邪馬壹国が伊都の南、

 九州の内にあった事実を重ねて明示しているのだから、

 大和説を主張するのなら電話の無かった時代の

 この張政の伊都での対応ぶりは何故かまで、

 説明する必要があるのである。

 『参考』

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書:『メソポタミア世界』 http://www.orient-matsudo.com/kobayashi-shumel.htm
 オリエントより日本への遷都:『言語復原史学会:加治木義博』 http://bloghistorygallary.blog10.fc2.com/blog-category-11.html
 シュメル-人類最古の文明:『小林登志子』中公新書 http://bloghistorygallary.blog10.fc2.com/category9-20.html http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/folder/1602066.html
 「古代オリエントの地名一覧」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.83.B3.E9.AB.98.E5.8E.9F
 「古代オリエントの用語一覧」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7
 「メソポタミア神話」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1
 「バビロニア神話」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1
 「ギリシア神話」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1
 「オリエント学」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E5%AD%A6
 「アッシリア学」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%AD%A6
 「中国学」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%AD%A6
 「ギルガメシュ叙事詩」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%8F%99%E4%BA%8B%E8%A9%A9  http://www.aurora.dti.ne.jp/~eggs/gil.htm
 「フェニキア」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%A2%E4%BA%BA
 「古代エジプト」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88
 「ヒッタイト」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88
 「アナトリア半島」  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8D%8A%E5%B3%B6
 「新潮社」五〇〇〇年前の日常―シュメル人たちの物語―  http://www.shinchosha.co.jp/books/html/603574.html
 「歴史wiki-小事典」  http://hiki.cre.jp/history/?Glossary
コメントを投稿