2014年11月28日金曜日

神坐日向神社と大三輪氏③


 浦和レッズレディース
 Matのジオログ
 『My ブログ』
 《考古学&古代史の諸問題》 
 《参考:年表・資料》

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:798頁

 第十二章 大国主神と大物主神

 神坐日向神社と大三輪氏③

  大田田根子の祖について、

 『記・紀』は大物主大神とするが、

 三輪高宮系図では

 大国主命の都美波八重事代主命としている。

 これは大国主神と大物主神が習合された後の解釈と

 みられるが、

 それは大田田根子の時代つまり崇神天皇の時代には

 すでにその習合がなされていたものと察することができる。

 太田亮が姓氏家系大辞典でその系統を纏めているので

 それに沿い略記してみる。

 <1>大国主神

 <2>事代主神

 <3>天日方奇日方命

   「姓氏録」には

  大物主神の男、久斯比賀多命、又は櫛御方命とあり、

  『日本書紀』に

  「父は大物主大神、母は活玉依媛、陶津耳の女、

   別の説では奇日方天日方武茅淳祇の女」とある。

  またの名は阿田都久志尼命という。

 <4>健飯勝命

  天日方奇日方命の子、『古事記』の飯肩巣見命

 <5>健甕尻命
 
  健飯勝命の子、健甕槌命、健甕之尾命

 <6>豊御気主命
 
  健甕尻命の子、健甕依命

 <7>大御気主命

  豊御気主命 <8>二男子の父 

 <8>阿田賀田主命 吾田片隅命

  健飯賀田主命 『古事記』は飯肩巣見命の子とする。

 <9>大田田禰古命

  健飯賀田須命の子、『古事記』は健甕槌の子とする。

  大直禰古命

 <10>大御気持命 大田田禰古命の子、<11>三男子の父 

 <11>大鴨積命 大賀茂都美命(鴨朝臣、鴨氏の祖)、加茂君

  大友主命、『日本書紀』推任天皇に三輪君祖大友主、

  仲哀天皇に大三輪大友主君、大神君田田彦命

  『日本書紀』仲哀天皇に神部直、大神部直

《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
 


 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ

コメントを投稿