2011年6月20日月曜日

「商人」文化の源か?「シアルク文明」

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録20:4頁

「商人」文化の源か?「シアルク文明」


そして次々に創案された古代連邦圏を表現する

色、方位、霊獣、季節、干支といった標識が実在したことを発見。

それによって時代ごとに発展した意外な古代文化を知ったが、

それは微々たる日本列島を離れて広大なアジアを西に越えた、

エーゲ海文明に端を発したもの。

時代はさらにさかのぼってアムール(アムリ)文明にまで至り、


 それが隼人町のアムリ川や「天降(あむ)り」や、

中ロ国境のアムール河(黒竜江)の名にまでなっていることに結びつく、

これらから類推すれば、

そのアムール(アムリ)と並立していたシアルクという文明の名が、

今も南九州地方で使われている

「さるく=仕歩(しある)く=歩き回る」という言葉と完全に合い、

シアルを中国訛りで発音したシァウにも

「商」の当て字がピッタリ合うことから、

そこに殷・商人の出自を求める必要が考えられるところまで、

私たちの建国探求は遡上した。

しかしそれに深入りすることは、

本来の主題である『記・紀』解明からは、

明らかに脱線行為だから、

私たちの先祖たちのもっていた文明が、

どんなものだったかがわかった現状で満足して、

また本題にもどることにするが、

これまで明らかになった私たちの血統が、

どういった文明と深く結びっいているかを

印象深く記憶に焼き付けるシステムとして、

我たちの史学には欠くことのできない『文化史年表』の1つを、

この機会にご覧にいれておこう。

『ウワイト』
ウワイト
『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『My ブログ』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         


小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿