2011年6月7日火曜日

「毛人」という当て字に充満する証拠群

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録19:21頁

「毛人」という当て字に充満する証拠群

少し深く考えるとギリシャの『五彩圏』も、

四神の色名に蹄まれているのはギリシャそのものである。

それを古代日本人式に清音で読むとキリシャ、やはり「キ」の国である。

またキリシャとキリンを比較してみると、

「キリ之」と書けばキリシとキリンの両方に読める。

これに国称のヤをっければキリシヤになり、

国称をマに変えればキリシマになる。

これで、霧島を霊峰として崇(あが)める大隅人が、

ギリシャ人だったことがわかるだけでなく、

旧唐書』が日本国の

東界北界、大山ありて、限りと為(な)す。山外すなわち毛人国

というその大山は、東西南北とも、

わずか数千里しかない小国当時の日本とは、

今の鹿児島県以外には該当する地域がないから、

その東北に贅えるのは霧島山

その名はギリシャを意味するとすれば、

そこから先に住むという毛人は、

沖縄語発音で「キージン」。

南九州語ではキリンもキジン。

毛人という文字は「キリ之」国、すなわち、

キリシマとギリシャの双方を表現し、

麒麟はその象徴として当てられた

日本語の名をもつ霊獣」だということになる。

そうして、その霧島は地もとの大隅語では「キイシマ」と発音する。

霧もギリも「キイ」なのだ。

だから語源は霧ではなく「黄(キイ)」だったのである。

また麒麟も「キイン」で「黄(キー)の」を意味する獣なのである。

しかし実在しないものをなぜ?使えたのだろう?

『ウワイト』
ウワイト
『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『My ブログ』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         


小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿