2011年6月16日木曜日

史実を正しく復元できる『記・紀』の偉大さ

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録19:30頁

史実を正しく復元できる『記・紀』の偉大さ


しかし、

「そんな頼りない『記・紀』を基に、建国史を復元して何になる」

という意見もまだあると思う。

そんな人々には、

「では、他の歴史書は、どんなに優れているのか?」と訊ねるしかない。

彼が挙げた良い史書中に司馬遷の『史記』があったら、私はこう答える。

司馬遷はその『史記』に、

「中国歴代の皇帝は、多少の差はあるが、

みんな自分に都合の悪い記録や教えを、その歴史から削り、

道義を説いて諌めた家臣や儒者を退けたり殺したりしている。

秦の始皇の「焚書坑儒」と同じことをし、

自分に都合のいい歴史を偽造して書かせているのだ。

私が編纂したこの『史記』は、

そんな記録を集めたもので決して完全な史実の記録ではない。

だから、恥かしながら、不完全と言うしかない」

と自嘲している。と…。

『記・紀』の崇神天皇と神武天皇の記事も、まさにその好例である。

2人の天皇は相戦い、互いに相手を非難し、自分と味方を正義化している。

この同時存在を10代離れた一系の、

歴代天皇だとしているのが真実であるはずがない。

しかしこの小細工を復元して解消すると、

2つの記事は完全に一体化し、

特に武埴安彦の乱の記事は敵味方の双方が

書いた真実の記録だとよくわかる。

それはさらに

『魏書倭人章』の記事にもよく一致しているので、

時間帯も確認できる。

これは間違いなく貴重な史実記録だ。

無用だとする方が間違っているのである。

『ウワイト』
ウワイト
『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『My ブログ』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         


小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿