2011年6月19日日曜日

なぜ?シュメルにまで遡る必要があったのか?

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録20:3頁

なぜ?シュメルにまで遡る必要があったのか?


私たちは「倭の五王」の真相を解明している途中で、巨大な謎に直面した。

その謎とは、明らかに倭王である名乗りをもった「倭=大」のつく

倭讃=大雀=仁徳天皇のあとに、

どう見ても高王だとしか見えない名乗りをもった「興=高」のつく

穴穂=ケチホ=高千穂=高=河内王=安康(この諡号も安羅と康=高麗)天皇と、

その弟「武=高」を名乗る雄略天皇がいる。

これは占領地名だとしてきたが、果して敵の国名をそのまま名乗るか?。

という謎だ。

「倭(ウワイ)」が、

ソナカ宣布団がもたらした女王制の母体=女性仏教徒を指す

パーリ語名だったことは疑いないが、

高のほうは太古にスメル(シュメル)文明

スメラ御国(みくに)とスメラギとヤマトという

呼び名とをもってきた

カリエン=カルデアン=高麗人=高族の名乗りのはずだ。

すると卑弥呼の倭国政権を倒したのは、本来、

高句麗王だった

山上王・位宮=伊支馬こと活目・伊久米の天皇・垂仁天皇で、

邪馬壹国として分裂し、旧倭国と対立した勢力である。

それが仁徳天皇を初代とする「倭の五王」中でもまた、

2つに割れているように見えるのである。

これは『五彩圏』連邦内部の問題にすぎないことは間違いないが、

その根底に何があったのか?を考えさせ。

どうしても

高族がもたらした我が国の文化の源=シュメルにまで

さかのぼって確かめておく必要を感じて、

次々に超古代の文化圏を再検討してきたのだ。

『ウワイト』
ウワイト
『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『My ブログ』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         


小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿