2011年6月11日土曜日

中国製「神獣鏡」の実態

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録19:25頁

中国製「神獣鏡」の実態

左の鏡は京都府古墳の出土だが漢鏡である。

向かって左上に東王父という文字があるので、

上下の神々が、東王父と西王母たちとわかる。

左右には竜が2頭ずついる。

4方に配置されているが、

四神とは無関係なことが、一見してわかる。

下は中国、洛陽出土の唐代の鏡。

これも四周に鳥獣がいて『四神』に似ているが、

鳳凰らしいものが上下にいて、

玄武にあたるものがない。

東西双方にいるのも、一方は虎らしいが、

もう一方のものは蹄をもつから竜ではなく馬である。

本当の『四神』を表現したものは見当らない。

四神など漢代から唐代まで、

ほとんど重視されていなかったことがわかる。

「図版」

鏡は京都府古墳の出土だが漢鏡と中国、洛陽出土の唐代の鏡

『ウワイト』
ウワイト
『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『My ブログ』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         


小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿