2011年9月26日月曜日

長谷(ハセ)は倭の五王が種子島出身だと証明する

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録20:22頁

 《長谷(ハセ)は倭の五王が種子島出身だと証明する

 これは同じ名乗りの別人だったはずだ。

 この答は雄略の兄・安康天皇の皇后の名が教えてくれる。

 その名は中帝姫。

 これはナカタイだから、長谷を南九州語で「ナガタイ」と

 読むのに当てた当て字であるとみるのがただしい。

 すると五王のうちの3王までが

 「長谷」という名乗りをもった皇后と結婚していることがわかる。

 この名はまたもう1つ重大なことを教えてくれる。

 それはナガタイの名は
 
 『魏書倭人章』にも「奴佳鞮」という当て字で記録されているという事実だ。

 するともう1つの疑問が浮かび上がってくる。

 長谷はもともとハセとは読めないのに、

 大和や飛鳥、春日と同様、無理やり読ませる日本語読みの1つである。

 その語源は百済という文字をハツセ(ヒャク・セイ)と読む南九州語だとわかっているし、

 その百済はポセイドンへの当て字だった。

 だから百済はギリシャ系の国だとわかるが、

 長谷はどうみても始めからハセだったのではない。

 なのに、そのナガタイという南九州語の発音が、

 奴佳鞮として『魏書倭人章』に記録されているのである。

 百済と長谷の関係は一体?どうなっているのであろうか?。

 この答は3世紀にはナガタイだったものが、

 5世紀にはハセに変わったということである。

 長谷野をハセンノと発音するのは種子島人である。

 五王はそこの出身だという証拠なのだ。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿