2011年9月14日水曜日

「八紘一宇理想」が生んだギリシャ人東方政権

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録20:9頁

 殷は、沖縄の宝貝で商帝国を立ち上げただけでなく、

 稲敷を故郷だと証言している。

 このことは、シルクロードの開発が漢代には実現せず、

 隋・唐代まで遅れた事実とともに、太古の往来は海路だったために、

 インド亜大陸沿いに往復した商人が、

 中国より日本列島に早く来ていたことを証言している。

 ペルシャ湾はその海の「西の玄関」だったのである。

 これはギリシャ人が来たコースも教える。

 彼等はペルシャ湾から船出した海軍だったのだ。

 アレクサンドロスがダリウス王を倒して、自分はその皇女と結婚し、

 そして1000人の花嫁をギリシャ軍人の妻にした

 「八紘一宇結婚式」が済んだあと、

 さらに東のインドへと出発したとき、

 陸路をとった大王軍とは別に、海上を進んだ別動隊だったのである。

 彼等は、インド北部で病を得てギリシャへ引き返した大王の情報を得られぬまま、

 インドからさらに東へ東へと進んでしまった。

 そしてやがて大王の死を知って帰国を諦め、建国の地に選んだ新天地が、

 気候温暖な理想郷「ホーライの国=台湾」だったのである。

 するとその眼の前には、意外にも富み栄えている沖縄カリエン経済界があった。

 目と鼻のさきにある小島を取ってイオニヤ(行く基地)にしたギリシャ人たちは、

 沖縄の島々を或いは戦って取り、

 あるいは島長(しまおさ)の娘と結婚して先住民に溶け込みつつ、

 さらに拡がっていった。

 《「八紘一宇理想」が生んだギリシャ人東方政権


 『文化史年表』
 文化史年表

 『CHRONOLOGICAL CHART』
 CHRONOLOGICAL CHART

 『ウワイト』
 ウワイト
 『ウバイド』
 GoogleWeb検索
 YahooWeb検索
 YahooWeb検索
 Google画像検索
 Yahoo画像検索

 言語復原史学会
 言語復原史学会

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿