2011年9月20日火曜日

沖縄の嘉手納はアテナヘの当て字

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録20:15頁

 《沖縄の嘉手納はアテナヘの当て字

 1000人もの女性が卑弥呼に仕えていたという記事には、

 これまで確実な定説はなかった。

 その実体は何だったか?。

 ギリシャ人の優位が確実になると、これまでテンソンと読むのが正しいと、

 無根拠に定説化していた「天孫」は、

 女性軍団「アマゾン」で有名なギリシャの女性上位国への

 当て字とみることが必要になる。

 すると講義録34号でお話しし付録につけたアテナ像が、

 十一面観音像の原型だという理由が、

 一層鮮明に理解できるようになる。

 御存知のようにアテナはゼウスの娘で、武装した女神である。

 卑弥呼と壹與とが混合した神功皇后もまた武装した女王で、

 当時の人々には女神である。

 どこかにその遺物が残っている可能性がある。

 卑弥呼も壹與もその故郷は沖縄である。

 すると沖縄本島に「嘉手納」という語源不明の地名がある。

 E音のない沖縄語がなぜか?わざわざ「手」という文字を使っているから、

 これをテとよめば、納の字を「ナ」と読ませるのは

 アテナが元の名だったからではないかと思いっく。

 嘉の字はカだが、カとアは色々な理由で入れ換わる。

 阿の字は本来はツクリの「可」の音でカだったし、乎、呵、呀、乎、遏なども、

 ア・カ双方に使っている。

 また中国と韓国では私たちがカと発音する文字を

 ハまたはアと発音するものが多いし、

 漢音と訓音でカとアが変わるものも多い。

 嘉手納が、もとアテナだった可能性は大きい


 『文化史年表』
 文化史年表

 『CHRONOLOGICAL CHART』
 CHRONOLOGICAL CHART

 『ウワイト』
 ウワイト
 『ウバイド』
 GoogleWeb検索
 YahooWeb検索
 YahooWeb検索
 Google画像検索
 Yahoo画像検索

 言語復原史学会
 言語復原史学会

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿