2011年9月22日木曜日

ギリシャ問題が不可欠だった『魏書倭人章』解明

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録20:17頁

 《ギリシャ問題が不可欠だった『魏書倭人章』解明

 嘉手納も日本語の誕生に深く関わっている。

 「手」は古音タだから嘉手納はカタナである。

 カタナは刀で武器、アテナやアマゾンの持ち物である。

 八俣大蛇退治は天照大神をスサノオが討った話で、

 真相は位宮が卑弥呼を倒した歴史だが、

 その時、天照大神は武装して弟神を迎える。

 大蛇を倒したスサノオは天ノ叢雲ノ剣を手にいれる。

 天はチヌで沖縄、叢はソウで曽於=大隅、雲はクモで熊毛から球磨。

 卑弥呼の名乗りに合う。

 それが倒された女王の象徴なのだからご神体である。

 それが祭られていたのは「熱田神宮」

 これはアタノ神宮だからアテナ神宮。

 そのアテナが嘉手納に変わったから、その御神体もカタナと呼ばれた。

 だから「剣=刀」なのである。ということがわかる。

 こうみてくると、嘉手納は間違いなくアテナから変形したものだったことが理解できる。

 すると卑弥呼の「千人の侍女」は、アマゾンたちだったのであり、

 卑弥呼がギリシャ文化の継承者だったことがわかる。

 すると同じ『魏書倭人章』に書かれた

 倭国民の男性の「横幅衣」が「無縫で、但、結束」

 してあるだけだというのが、

 古代ギリシャ男性の衣服・トーガで、女性の「貫頭衣」は、

 下図のアテナ像が着ているのと同じものだと断定できるし、

 倭人が目上に尊敬や誓約を表わすのに「搏手」するというのも、

 ベンガルの手締め→今の神への拍手と同じものだとわかる。

 『文化史年表』
 文化史年表

 『CHRONOLOGICAL CHART』
 CHRONOLOGICAL CHART

 『ウワイト』
 ウワイト
 『ウバイド』
 GoogleWeb検索
 YahooWeb検索
 YahooWeb検索
 Google画像検索
 Yahoo画像検索

 言語復原史学会
 言語復原史学会

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿