2015年1月12日月曜日

天照大神と多氏・大三輪氏⑨


 『浦和レッズレディース』
 『湘南ベルマーレ』
 『Yahoo!天気・災害』
 『My ブログ』
 《考古学&古代史の諸問題》 
 《参考:年表・資料》

 Matのジオログ
 さいたま朝日WEB
 『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代小嶋秋彦

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:837・838・839頁
 第十二章 大国主神と大物主神

 天照大神と多氏・大三輪氏⑨

 「神の家」は、はしご(階段)を昇って上がったところにある。

 その概念が日本の神殿と全く同様であることは既に述べたが、

  ※ARPACHIYAH 1976

   高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
   
   (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 



 メソポタミアの「高床式建物」、ジクラト(聖搭)にも見られ、

 北メソポタミアのシンジャール、

 その地域の紀元前1万年頃の旧石器時代の埋葬霊所に

 牛角を掲げることに始まっている想念である。

  ※牛頭を象った神社建築の棟飾部




 牛角は階段の意義があり、ゲルマン民族名である

 German の祖語はシュメル語の galam-am で

 「牡牛の角」であるとの見解を述べた。

 角は天への門である。

 サンスクリット語の 「角」を意味する śṛṅga が神社(シンジャ)と

 なっているとの見解も既述のところだが、

 この神社こそ「神の家」にして「天の門」である。

 スバル人の後裔が用いる za-kari (天の門)は、

 古代メソポタミアにその祖先がいたころからあった用語であり、

 インド・ヨーロッパ語圏へ移入されている。

 ギリシャ語では ςηκοζ(聖域)となったが、

 その義を「家畜を囲んでおく柵」としており、

 神社の瑞籬の起源を窺わせる。

 ラテン語では sacró (神聖にする、祭る)

  sacrum,sacellum,sacrārium,sacramentum(至聖所)となり、

 ドイツ語で

  Sskra (聖所)、sakral (聖式の、礼拝の)、

 英語の 

  sakrament (聖所)である。

 それらの原初時代の

 シュメル語では

  sug-suku(神域)、sukud(掲げる、高くする)、šakar (容器、箱)、

 セム語では

  zagaru (高くある)、saga (聖所、寺院)、zigfura (聖所、寺)、

 この語は zigfura-tu(ジグルラト・聖塔、寺塔)の基語である。

 スバル語 za-kaṅ は以上のような波及をみせている。

 これが

 バローチ語 zahir (明白な、明らかな)となり、

 ユダヤ語の ziher (確かな、安全な)、 zikh (十字)、

 サンスクリット語の 

 śukara となって

 「輝く、明るい、清い、白い、清浄な」の形容詞と共に名詞として

 使われた。

 この「聖所」の意味こそ「疎:サカラ」の真義で、

 つまり zakaṅ が遠い祖語であり、

 「天の門」である。

 「疎」はジクルラトの持つ概念と一致するものであったのである。

  「天疎」は結局青垣で、三輪山を指すと考えられ、
 
 「天疎向津姫命」は「天門の向うの姫命」で

 天門は暁であるから曙の向うから来る(現れる)太陽神である

 天照大神ということとなる。

《参考》

 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ 
コメントを投稿