2009年11月25日水曜日

大理想はウバイドのイサナミから


 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録36:30頁

 その大理想とは、

 ウバイドで確立した女帝制度の根底にあるもの、

 人類はすべて母たちの腹を痛めた分身だという認識である。

 そして女帝から観れば万民は全て我が子だという母性本能の昇華が、

 のちに紛争解決のためには死を選んだ卑弥呼の偉大なる慈悲として、

 彼女を観世音菩薩として崇める新宗教感にまで高め、

 それは全中国からインド周辺諸国にまで広まって、

 太陽の国の女帝からの連想で、

 「天照大上=太陽」の光鉾(こうぼう)を

 全世界に差し伸ベる母性の手と観想して、

 巨大な慈悲とそれを具体的に行動に移す諦観と手段と文化を、

 器具、物体を握り締めた手の像で示す、

 新たな仏像

 「千手観世音菩薩像」を生み出したものでもある。

 その淵源はウバイドが富み栄えるにつれて、

 利権の奪い合いが発生し、

 母性愛だけでは治世が難しくなったとき、

 民を守るには暴力もやむを得ないとするイサナキと、

 絶対平和を主張するイサナミが対立。

 分離していった男帝制国家と、

 初志を貫いた女帝制ウバイドとに主権が分かれた、

 この大理想は、

 そのイサナミから延々と承け継いだものなのである。

 それは天智天皇に破られたが短期で復元し、

 以後、幕末までは曲りなりに維持してきた。

 今では人々も成長して世界国家を夢見はじめた。
 
 果たして人類はどちらを選ぶのか?。

 『参考』

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書:『メソポタミア世界』
 http://www.orient-matsudo.com/kobayashi-shumel.htm

 オリエントより日本への遷都:『言語復原史学会:加治木義博』
 http://bloghistorygallary.blog10.fc2.com/blog-category-11.html

 シュメル-人類最古の文明:『小林登志子』中公新書
 http://bloghistorygallary.blog10.fc2.com/category9-20.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/folder/1602066.html

 「古代オリエントの地名一覧」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%90%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.83.B3.E9.AB.98.E5.8E.9F

 「古代オリエントの用語一覧」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

 「メソポタミア神話」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1

 「バビロニア神話」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1

 「ギリシア神話」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1

 「オリエント学」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E5%AD%A6

 「アッシリア学」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%AD%A6

 「中国学」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%AD%A6

 「ギルガメシュ叙事詩」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%8F%99%E4%BA%8B%E8%A9%A9
  http://www.aurora.dti.ne.jp/~eggs/gil.htm

 「フェニキア」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%A2%E4%BA%BA

 「古代エジプト」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88

 「ヒッタイト」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88

 「アナトリア半島」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8D%8A%E5%B3%B6

 「新潮社」五〇〇〇年前の日常―シュメル人たちの物語―
  http://www.shinchosha.co.jp/books/html/603574.html 
コメントを投稿