2010年9月30日木曜日

疑問の余地なく古代日本に実在したギリシャ文化

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録11:11頁

この3貴子分治は、

淡路島での国生みの後、伊耶那美の命が亡くなり、

悲しんだ伊耶那岐の命が後を追って冥界へ訪ねて行き、

そこから逃げ帰って、

死の汚れを落とすためにミソギをすると、

両眼と鼻を洗うたびに3貴子が誕生したので、

「天照大御神は高天原(天界)を、

月読の命は夜食国(冥界)を、

須佐男の命は海原を治めよ」

と分治を命じた。

というのと、全く同じである。

これはただ似ているだけではない。

3人という数も、治める場所も、

また3人が支配者の子供だという点も完全に一致している。

しかもこの話に至る出発点もまた、

オルペウスが死んだ妻を訪ねて、

冥界へ下って行ったギリシャ神話と全く同じである。

だから世界には、この種の同じ神話があちらこちらにあって、

共通しているのかといえば、

このギリシャと日本のもののほかには、どこにも存在しない。

この2神話の共通は古代日本にギリシャ文化が入らない限り、

絶対にありえないことだという結論になるのである。

そればかりでなく、

天界を治めたのはゼウスと天照大御神だが、

この天照は「天のゼウス」に対する

「天」「照神=ゼウシン=ゼウスの(南九州語)」という

当て字がもとになっていると、

簡単に見抜ける用字になっている。

さらに追及していくと日本神話と呼ばれているものは、

ギリシャ神話によるものを100%含んでいるという論文を、

私はすでに脱稿している。


『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿