2010年9月28日火曜日

ポントスからコンタまでのフリップ 

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録11:9頁

当て字   発音差  敬称 用語    意味

語源       ポントス    ギリシャ語 海洋(わたつみ)

本牟智   フムチ  和気 沖縄語   海人族の王

品牟都   ホムト  和気 南九州語  海人族の王

誉津    ホムツ  別  大隅語   海人族の王

日本・日素 ホモト     鹿児島語  国号

郊彘    ホンデ  なし 朝鮮語   猪・仔豚

品陀    ホンダ  真若 南九州語  海洋ポントスの略

語源 本都    ポント  別  ギリシャ語 海人族の王

品陀    ホンダ  和気 南九州語  海人族の王

品陀    ホンダ  天皇 南九州語  海人族の王

品田    ホンダ  和気 南九州語  海人族の王

誉田    ホムダ  別  南九州語  海人族の王

語源 誉田    コンタ  天皇 バーリ語と 幡・旗⇒八幡
南九州語

付 日本国号の起源

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿