2016年1月24日日曜日

白山比咩と加賀


 『浦和レッズレディース』 猶本光サポーターズサイト
 『浦和レッズ』
 『ひねもす至福の時』
 『誕生日の花と花ことば』
 『湘南ベルマーレ』
 
『サンフレッチェ広島』 『広島・明星院』
 『広島・明星院』
 『明星院・広島県歴史&地名他』
 『madiのブログ』
 『My ブログ』
 《考古学&古代史の諸問題》 
 《参考:年表・資料》
 Matのジオログ(History)
 さいたま朝日WEB
 『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代小嶋秋彦
 セブンネット

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―
 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦
 執筆時期:1999~2000年
 牛角と祝祭・その民族系譜:1042頁

 第16章 ヘブライ人の日本定着とヘブライ(イブリ)の信仰

 《白山比咩と加賀》

  ガド族の聖地安来市(イスラエル)の黒井田には

 菊理神社が鎮座することを紹介した。

 「キリ」は、ガド族が西アジアにいた時の

 故地 Gilied に由来する。

 「菊理」の名称は

 石川県石川郡鶴来町三宮町に鎮座する白山比咩神社の

 祭神菊理姫神の名称となっている。

 同社は加賀一宮ではあるが、

 鎮座地を「三宮」というのは、

 「サン宮」が「蚕宮」であるからである。

 「白山」名は「絹と地名分布」でみたように

 サンスクリット語の sīla,saīla(石)を祖語とした

 繭の比喩名である。

 さらに「まゆ」がヘブライ語の「白い」を

 原語としていることも明らかにした。

 白山比咩神は「繭姫」である。

 「菊理」名は絹産業の技術集団が祖地名を用いて
 
 付けた繭に対する比喩名である。

 町名「鶴来」は「カク」で

 ヘブライ語の「玉」を表わす

  KVGL(kogl)の音写であり、

 郡名、市名となっている「加賀」の祖語である。

 《参考》

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ


コメントを投稿