2015年10月11日日曜日

伊和神①


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:964~964頁

 第16章 イスラエル人の日本定着とヘブライの信仰

 ≪伊和神≫

   「延喜式」神名帳の播磨国宍粟郡に

 「伊和坐大名持御魂神社名神大」が記載されている。

 また明石郡及び赤穂郡に伊和都比売神社が載る。

 この「伊和」は播磨国特有な神社名である。

 また播磨国風土記には伊和大神が数多く登場し、
 
 その広がりが顕著である。

  伊和とは何を示しているのか。

 神名帳の神社名からすると

 大己貴神をいっているようである。

 だが、第12章大国主神と大物主神などで追及した

 同神には伊和神の影はうかがえなかった。

 伊和大神とはユダヤ教の父神ヤハウェ神である。

 本節から伊和神がヤハウェ神であることを実証する。

 まず、播磨国風土記にみられる伊和大神及び

 伊和名の様子を纏めてみる。

 〇飾磨郡

  (1)英賀里 伊和大神の御子、阿賀比古・阿賀比売二柱の神

  (2)伊和里 右、伊和部と號くるは、

       積幡(しさわ)郡の伊和君等が族、

       到来たりて此に居りき。
     
             故、伊和部と號く。

  (3)貽和(いわ)里

 〇揖保郡

  (1)香山里 伊和大神

  (2)阿豆村 伊和大神

  (3)(伊勢野) 伊和大神の御子、

         伊勢都比古命・伊勢都比売命

  (4)美奈志川 伊和大神の御子、

         伊龍比古と妹と伊龍比売命の二柱の神

 〇宍禾(しさわ)郡

  (1)宍禾と號くる所以は、伊和大神(略)。

  (2)安師里 伊和大神

  (3)石作里 本の名は伊和なり

  (4)阿和賀山 伊和大神の妹、阿和加比売命

  (5)波加村 伊和大神

  (6)伊和村 本の名は神酒(みき)なり

 〇神前(かむさき)郡

  (1)神前とする所以は伊和大神の御子、建敷命、
   
    神前山に存す

  (2)糠岡(ぬかおか) 伊和大神
 
 《参考》

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿