2015年11月27日金曜日

安来:十戒神社③


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:1008~1010頁

 《安来:聖地「十戒神社」と祈り》

   申命記33章は
 
 「神の人モーセが死ぬ前にイスラエルの人々を

  祝福するために与えた言葉」だという。

 そこにはガド族についても次のような詩句がある。

  ※(新共同訳/口語訳)
   http://www.bible.or.jp/i2/vers_search_i.cgi?cnt_here=11&flag_pre_next=next&cmd=search&trans=ni&book=deu.old&chapter=33&vers=&keyword=&back_url=&search_type=
   新共同訳/口語訳

  21 ガドのために彼は言った。

     讃えよ、ガドの土地を広げられる方を
 
     ガドは雌獅子のように待ち伏せ、

     獲物の腕や頭を引き裂く。

  22 彼は自分のために最上のものを選びだした
 
     指揮者の取り分がそこにあったからだ。

     民の長たちは相集い、
 
     主は恵みの御業を行い

     イスラエルのために裁きを行われた。

  28 イスラエルは安らかに住み

     ヤコブの泉のみが絶えない
   
     穀物を新しい酒に富み

     天が露を滴らす土地に。

  第1節(21)は

 ガド族が雌獅子のように剛勇果敢な支族で

 あることを褒め讃えたのである。

 イスラエルの人々がヨルダン川を渡った時、

 彼らは先陣を務めた。

  第2節(22)は

 モーセによりギリアデの地を与えられ、

 そこが豊かな収穫のできる
 
 土地であることを言っている。

 FRAD(Gelied:証の石塚)はシュメル語では

 ki-la-a-de(水を注ぐ土地) とも解釈でき、

 そこを流れるヤボの川やヨルダン川流域の

 豊かさを言ったものであろう。

 そして、彼らの祭壇を建てたが、
 
 その問題で他のイスラエルの人々との間に

 適切な審判を下し、

 モーセの律法を厳守する正義を通したと言っている。

 ガド族の正義は安来の新しい聖地においても
 
 保たれているといえるのである。

  第3節(28)は

 安来の様子によく合っている。

 ここに渡来した人々は

 この申命記の詩を聖書により知っていたと思われる。

 「安らかに住み」は

 まさに「安」字に表わされているし、

 「ヤコブの泉」は清水町となっており、

 「穀物とぶどう酒」は切川町の「キリ」が
 
 「農園」を表わしている GIRST(gersht)と
 
 関係ありそうである。
 
 また「天の露」は「雨」で、

 出雲は「矢持」の国、

 つまり雨を天のように降らせる所である。

 佐久保町の伯太川を挟んだ西向いの

 月坂町名は「ゲッサカ」と読めるが、

 ヘブライ語の GShM(geshm) の音写で

 「雨」を表わしている。

 木戸川名の「キド」の原語として紹介した

 KDVSH(キドゥーシュ)は

 「安息日や祭日の食事前に創造を賛美し、

  (日+賣)いを感謝して、

  ぶどう酒やパンを祝福する祈り」である。

 人々は、

 この東方(ヘブライ語で KDYM/kodim)の

 新しい聖地にあって感謝の祈りを

 献げていたに違いない。

 《参考》

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿