2015年3月20日金曜日

狗奴国⑦

 浦和レッズレディース
 『Yahoo!天気・災害』
 『My ブログ』
 《考古学&古代史の諸問題》 
 《参考:年表・資料》

 ※Matのジオログ

 さいたま朝日WEB
 『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代小嶋秋彦

 セブンネット

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:866・867頁

 第十三章 「倭人伝」 
 
 狗奴国⑦
 
  ヤーダヴァ族である登美族の信仰に係わる

 考古学的資料を指摘しておく。

 4世紀末期の造成とされる櫛山古墳(天理市柳本町)は

 崇神天皇陵(行燈山古墳)の陪塚で、

 双方中円墳で祭祀が行われた跡を残している。

 この古墳の構造で後方部の表面に

 赤い砂層が敷き詰められている様子は

 赤御幣と同じく赤に対するこだわりの表れである。

 砂も大神神社の「清めの砂」に関連していそうある。

 その発掘された遺留品がの中に

 石製の「腕輪」と判断されているものがある。

 その面には放射状に波打つ装飾が見られる。
 
 これは腕輪ではなく円盤である。

 同古墳の周濠から江戸時代に出土したと
 
 伝えられる銅板にも円盤状の紋様が施されており、

 その主旨を同じくするものと考えられる。

 大神神社の山ノ神祭祀遺跡の遺物の中にも

 「双孔円板」が数百枚含まれていた。

 この円板も円盤とすることができるだろう。

 その数の多さは目立っている。

 円盤はインドの神、

 ヴィシュヌ神の武器として知られている。

 ヤーダヴァ族のクリシュナは大叙事詩

 マハーバーラタ

 (サンスクリット語: महाभारतम् Mahābhārata)に

  おいてヴィシュヌ神の権化とされ、

  後のヒンズゥ教の聖典プラーナにおいては

  その性格が一層強くなり、

  ヤーダヴァ族にヴィシュヌ神との関係がみられる。

 同神はすでにリグ・ヴェーダ

 「(ऋग्वेद Rigveda)は、古代インドの聖典であるヴェーダの1つ。

   サンスクリットの古形にあたるヴェーダ語

  (英語: Vedic Sanskrit)で書かれている。

  全10 巻で、1028篇の讃歌(うち11篇は補遺)からなる。」

 にその神名がみられ、インドラ神のよき協力者である。

 その讃歌にはインドラ神が牡牛として現れるのに対し、

 牡牛を神獣とする。

 その同名は太陽の光輝を神格化したもので、

 クリシュナの別称がヴァースデ・ヴァ vāsudeva で

 その父がヴァースデーヴァ vāsudeva の子という意味を持つが、

 そのvāsが「夜が白んで明るくなる」「夜明けに輝く」の字義を

 持っていて、

 ヴィシュヌ

  (英: Vishnu, Viṣṇu, デーヴァナーガリー:विष्णु)は、

  ヒンドゥー教の神である。

  仏教名は「毘紐天」、「韋紐天」、あるいは「那羅延天」。

  音写語としては「微瑟紐」、「 毘瑟怒」などもある。

 はそれに係わる。

 そしてそれは、

 天照大神の祖像と説いたウシャス神名にも係わり、

 大神神社に関連する。

 さらにインドラ神の協力者であることもその係わりの強さを示す。

 円盤は太陽光の放射を表徴させたものであると考えられる。

 櫛山古墳まどから出土した円盤は

 ヤーダヴァ族(登美族など)の系譜の遺品で

 あることに相違あるまい。

 この「円板」はいわゆる「御諸」を表わしているのかもしれない。

 インドラ神は雷神で積雲 mih(migh)-māla の神であり、

 それは同神の首輪(花輪)である。

 御諸が「環」であることは前章で述べた。

 そうすると円盤が大物主神の象徴であると理解される。

 ただし「双孔」であることに疑念は残る。

 そこで別の面から解釈を述べておきたい。

《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
 

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿